洗顔料の種類|洗顔石鹸情報

洗顔料の種類

スキンケア(お肌のお手入れ)を行う上で、とても重要な役割をはたしているのが洗顔です。その洗顔に不可欠なのが洗顔料。
洗顔料とは、一般的にはクレンジング(化粧落とし)後に使用する顔を洗浄するためのアイテムですが、大きな意味ではクレンジングも顔を洗う(洗顔)ためのアイテムなので、ここではクレンジングも含めた洗顔料の種類を見ていきます。

クレンジング

クレンジングとは通常の洗顔では落ちにくいメイク落としに使用する基礎化粧品です。
メイクアップをするための化粧品は、できるだけその状態が長く続くように、もともとが落ちにくく作ってあります。そのため通常の洗顔ではメイクを完全に落としきることが難しいため、化粧品の油分を溶かし落とすために使用するのがクレンジングです。

クレンジングのタイプとしては以下のようなものがあります。
「ジェルタイプ」「ローションタイプ」「乳液(ミルク)タイプ」「リキッドタイプ」「クリームタイプ」「オイルタイプ」などがありますが、その他にも使用法の違いによるタイプ分けとして、肌にのばしメイクとなじませて使う洗い流すタイプと、メイクになじませティッシュやコットンで拭き取って使う拭き取るタイプとがあります。

また、ウォータープルーフのマスカラなど、特に落としにくい化粧品は通常のクレンジングの前に、専用のリムーバーで落とす場合もあります。

洗顔料

ここでいう洗顔料とは、メイクを落とす目的というより、顔を清潔に洗浄するために使うアイテムです。身体を清潔に洗うボディーソープや石鹸よりも刺激が少ないものや、すすぎで洗い流し易いものなど、デリケートな顔を洗浄するために様々な工夫がなされた顔専門の洗浄アイテムです。

洗顔料にも様々な種類があります。「固形の石けんタイプ」の他にも、チューブ等に入っていて泡立てて使用する「フォームタイプ」、半透明なゼリー状の「ジェルタイプ」、主にポンプ式になっていて泡状で使う「ムースタイプ」、粉末状の手のひらやネット等で泡立てて使用する「パウダータイプ」など、様々なタイプの洗顔料が市販されています。

石鹸の種類

「石鹸」とは「動植物のあぶら(油脂)をアルカリで煮たもの」で、そのアルカリの種類によって以下のように分類することができます。

(1)「脂肪酸ナトリウム(ソーダ石けん)」
動植物の油を水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)で煮たもの。固形または粉末状。
(2)「脂肪酸カリウム(カリ石けん)」
動植物の油を水酸化カリウム(苛性カリ)で煮たもの。液体状。

この2つ以外のいわゆる「洗剤」は合成洗剤と見なされます(天然に存在するサポニンや粘土、重曹・セスキ炭酸ソーダ・炭酸塩などのアルカリ剤も洗浄剤として使われますが、これらは石けんでも合成洗剤でもありません)。

目的別おすすめ MENU

洗顔石鹸商品一覧

洗顔石鹸情報 menu

Information menu

このページのトップへ